急性胃炎

急性胃炎の原因と症状とはどのようなものでしょうか?

乳酸菌サプリメント


急性胃炎とはその名称の通り、急性の形で発症する胃の炎症です。ごく短時間のうちに症状が急激に起こるのが特徴です。とくに多いのがお腹の痛み胃もたれです。ほかには食欲不振吐き気・嘔吐などの症状も見られます。

 

ストレスから発症する人が多い

急に胃に炎症が生じたケースの総称として使用されている病名のため、原因は多岐に及びます。大きく分けると日常生活の中で生じるものと、病気の感染によって生じるものがあります。

 

日常生活に潜む原因として多く見られるのがストレス。日常生活で蓄積されていったストレスが胃に負担をかけ、炎症をもたらすのです。それから飲食物。刺激の強い食べ物やアルコールを多く摂取している人に発症するケースが見られます。病気の感染では胃の内部におけるピロリ菌の感染アニサキス症などが原因で炎症が発症することがあります。胃の外傷が原因で発することも。これは外科医手術や特定の薬剤の服用で生じるケースも見られます。

 

冒頭に挙げたように、こうした原因によって炎症が生じると短時間で症状が進行していきます。場合によってはかなり激しいお腹の痛みを感じることもあり、下血吐血なども見られます。この場合、胃炎だけでなく胃の内部で出血やびらん、さらには潰瘍などが生じていることもあり、こうしたケースを「急性胃粘膜病変」と呼んでいます。

潰瘍化している場合もあるので長引く場合、症状が重い場合は早めに受診を

このように、急性胃炎はお腹が鳴る病気というよりは激しい痛みに晒される病気といった方が適切でしょう。痛みでお腹が鳴るのを気にしている余裕がなくなることが多いからです。ただ、慢性胃炎のように痛みが長く続くことはなく、適切な治療を行うことで短期間で回復することができます。なお、軽症の場合は一定期間経過を見ながら自然治癒を目指します。重症の場合は内視鏡を使用した治療が行われたり、胃酸の分泌を抑制する薬剤の使用などが行われます。

 

日ごろからストレスを感じている人、お酒を飲むのが好きな人は注意しておいた方がよいかもしれません。症状が急に悪化する病気だけに、できるだけ早く医療機関で診てもらうことが重要になってきます。

ガスが溜まりやすい体質改善に効果的な乳酸菌はどれ?

 

スポンサードリンク