胃がん

胃がんの原因と症状とはどのようなものでしょうか?

乳酸菌サプリメント


胃がんはがんの中でもとくに患者数が多いもので、死亡率の高い病気としても知られています。とくに60代以降の男性に多く見られます。手術によって切除が可能なため、治療による完治は決して難しくはないのですが、自覚症状に乏しいため気づいたときには治療が間に合わないほど進行してしまっていることが多いのが死亡率を高くしている要因のひとつです。

 

60代以降の男性に多く、ピロリ菌や食生活などが関連している

胃がんの原因はまだはっきりとはわかっていない状況ですが、研究の進展によってピロリ菌の影響が強いことが明らかになりつつあります。この細菌によって胃の内部で炎症が生じ、そこから胃がんが発生するというのです。なお、このピロリ菌は50代以降の日本人のおよそ80パーセントが保菌していると言われています。ただ、この細菌だけが発症の原因ではなく、食生活も深く関わっているとされています。とくに有名なのが調理の際に生じる焦げ。また塩分の濃い食事も要注意とされています。

 

冒頭に挙げたように自覚症状に乏しいのが胃がんの厄介な点です。代表的なところではお腹の痛み膨満感が挙げられます。またお腹がゴロゴロと大きな音を立て鳴ることもあります。食欲不振に悩まされる段階になって医師のもとを訪れ、調査で発覚するケースが大半を占めます。また、進行すると食欲不振とともに体重の減少や下血、吐血などの症状も見られます。

初期は自覚症状に乏しいので定期的な検診が大切

治療方法はおもに手術。腫瘍が生じた部分を切除することで完治することも可能です。とくに内視鏡粘膜切除術は胃の機能を最大限に温存しながら治療できる方法として広く用いられています。また、腫瘍が大きくなっている場合にはESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)という手術も行われれます。

 

進行度や腫瘍の位置によっては手術ができないケースもあります。その場合には抗がん剤を使用した薬物療法が行われます。どの方法を行うかは医師の判断に任せられるため、充分に検討したうえで患者自身が責任を持った上で判断することが大事です。5年以内の生存率は72パーセント。ここ30〜40年ほどの間に目覚しい向上を見せており、早期発見・治療さえ心がければ決して死に直結する病ではなくなっています。

ガスが溜まりやすい体質改善に効果的な乳酸菌はどれ?

 

スポンサードリンク