逆流性食道炎

逆流性食道炎の原因と症状とはどのようなものでしょうか?

乳酸菌サプリメント


逆流性食道炎とは胃の内容物が食道まで逆流してしまった病気のことです。この病気が問題になるのは内容物が逆流するとともに胃酸や十二指腸液が食道にまで達し、食道の粘液がその刺激に晒されてしまうことです。その結果粘膜に炎症が発症してしまうのです。もともと体には胃の内容物が逆流しないような仕組みが設けられているのですが、それがうまく機能しなくなることでこの病気が見られるようになります。

 

特徴的な症状は胸焼けが続くような場合

ではどうして胃の内容物が食道まで逆流するのでしょうか。もっとも多い原因として指摘されているのが括約筋と呼ばれる食道下部にある筋肉が弛緩してしまうことです。この筋肉は嚥下の際に摂取したものを通す時に弛緩する仕組みになっているのですが、何らかの理由で何もしていない時にも弛緩してしまい、内容物が逆流してしまうのです。そのほかの理由としては食道粘膜の組織抵抗性胃の排出能、食道の排出能などの関与が挙げられます。

 

この逆流性食道炎の典型的な症状となるのが胸やけ。食事のたびに胸がムカムカしてしまうのです。また、あまり食べていないにも関わらずお腹いっぱいに感じたりお腹が張ってしまう吐き気がするといった症状もこの病気によく見られる症状です。ただし、注意が必要なのは必ずしも胃や食道に直接症状が現れるとは限らない点。例えば喘息など呼吸器系の問題や、喉の違和感胸の痛みなどが生じることもあります。こうした症状ではいかに自覚症状として察知できるかがポイントとなります。

お腹が張る、膨満感があるなどの症状も

治療は内服薬を使用した方法と、外科手術を用いた方法に分けることができます。一般的には内服薬が使用され、H2受容体拮抗薬など胃液の分泌を抑制することで炎症を和らげて行きます。こうした薬剤で充分な効果が得られない場合には腹腔鏡下手術などが選択されます。なお、重度の症状の際には食道狭窄や食道裂孔ヘルニアなどの症状が見られるケースが多いようです。

 

なんとなく調子が悪い状態のままこの病気に気づかずに放置してしまうケースも少なくありません。食事の際に不快感を感じる場合には疑ってかかった方が良いかもしれません。

ガスが溜まりやすい体質改善に効果的な乳酸菌はどれ?

 

スポンサードリンク