過敏性腸症候群

過敏性腸症候群の原因と症状とはどのようなものでしょうか?

乳酸菌サプリメント


現代社会で増えているといわれる胃腸の病気が過敏性腸症候群です。これは便秘と下痢を繰り返す症状が慢性化してしまう病気のことです。命に関わるわけではありませんが、日常生活に支障をきたすほか、外出や外での仕事ができないなど大きな悩みを抱えるなど厄介な病気です。

 

日本人の10〜15%程度が発症している可能性が

特別な病気のように思えますが、症状の軽重を問わなければ日本人の10〜15パーセントほどにこの病気が見られており、多くの人が悩みを抱えていることが窺えます。先進国に発症例が多いこと、20代〜40代に発症しやすいことからストレスや食生活との関連が指摘されています。

 

この過敏性腸症候群が厄介なのは原因がまだよくわかっていないこと。腸の検査を行っても異常が見られないことが多いのです。先に挙げたストレスも直接の原因なのか、それとも症状を悪化させる要因なのか詳しくはわかっていません。現在のところ、ストレスをはじめとした心理的な異常消化管知覚過敏消化管運動異常の3種類に分類されています。

便秘型・下痢型・交代型の3種類がある

症状は「下痢型」「便秘型」「交代型」の3種類に分けられます。下痢型は下痢が突然襲ってくる点が特徴です。また、交代型は便秘と下痢が交互に襲ってくるもので、しばらく便秘で苦しんでいたかと思うと急に便意が襲ってきてしばらくの間下痢に悩まされることになります。これらの症状はどれも外出が困難になるため、通勤・通学の妨げになるほか、集中力の低下や不安感から学業・仕事に支障をきたすケースもあります。またお腹がなりやすいため、それを恐れて神経質になってしまうケースもよく見られます。こうした心理的な負担がストレスとなりますます症状を悪化させてしまうのです。

 

原因もわからず、検査でも腸の異常を発見できないため、治療も難しく長期化を覚悟しなければなりません。食生活の改善のほか、漢方薬消化管運動調整薬といった薬物療法、抗うつ薬、抗不安薬などを使用することもあります。そのほか認知行動療法などもあります。根本的な治療が難しいため、過剰なストレスや不安を抱えないための精神的なケアも重要となる病気です。

ガスが溜まりやすい体質改善に効果的な乳酸菌はどれ?

 

スポンサードリンク