食後にお腹が鳴る原因

食後にお腹が鳴る原因とは?

乳酸菌サプリメント


ゴロゴロ、グーグー、キュルキュル、お腹が鳴るのは何も空腹時のみとは限りません。食後にもお腹が鳴る症状がひどくて悩んでいる人もたくさんいます。

 

食後にお腹が鳴る最も大きな原因は腸による消化・吸収のための蠕動運動です。食事などで食物が消化器官の中に入るとまず胃で徹底的に消化されます。その後十二指腸を経て小腸、大腸へと内容物がリレーされます。この時点では食べ物はもはや原形をとどめてはおらず、ドロドロとしたひじょうに濃い流動性のあるものに変化しています。

 

こうした流動性の高いものをちょうどチューブのようなものに入れて動かすと、少しでもガスや空気が入っていると、グルグル、キュルキュルとさまざまな音を発します。要するにこれが食後にもお腹の鳴る原因なのです。

 

腸の中のガスは胃からそのまま受け継がれたものが多いのですが、消化に伴って発酵が起こることで発生するガスもあります。また腸内環境が悪い人の場合には大腸の中でさかんに有毒なガスが発生されています。

 

この腸内環境が原因のガスは本来なら、おならとして排出されるべきものですが、便秘の症状が強い人などではこれがなかなか出て行ってくれません。その結果食後しばらく時間を置くとグルグル、キュルキュルというお腹の鳴る音がするのです。

 

この腸内環境においては乳酸菌などのいわゆる善玉菌が優勢になっている場合にはあまりガスは発生しません。しかしウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌が優勢の場合には大量のガスが発生します。そしてこのガスはお腹の鳴る原因となるばかりではなく、毒物や老廃物を含んだまま体内に再吸収されてしまい体調を崩す一因となることもあるのです。

ガスが溜まりやすい体質改善に効果的な乳酸菌はどれ?

 

スポンサードリンク