潰瘍性大腸炎

潰瘍性大腸炎の原因と症状とはどのようなものでしょうか?

乳酸菌サプリメント


潰瘍性大腸炎とは大腸の粘膜に炎症が発症した病気のことです。潰瘍性という名称が使われているように、炎症が粘膜を傷つけることでびらんや潰瘍をもたらしてしまっている状態です。発祥の原因にはさまざまな要素が指摘されており、それが複合的に絡み合って発症するケースが多いことから治療が難しい病気ともされています。

 

20代〜30代に多く発症し下痢・便秘、血便、粘血便などの症状が出る

潰瘍性大腸炎の直接の原因は免疫機能の異常によるものとされています。異常反応によって大腸の粘膜を攻撃してしまう抗体が発生してしまうのです。ただ、なぜそんな異常が生じるのかはまだはっきりとわかっていない面があります。有力な説としてはストレスや食生活の乱れ、遺伝的な要素などがあります。

 

この病気は20代〜30代に多く発症する特徴をもっており、これもストレスなど生活習慣との関わりによるものとされます。また、もともと日本人には少ない病気でしたが、近年になって発症例が増えていることから、食生活との関連も指摘されています。

 

症状が重いのもこの病気の特徴です。大腸の粘膜が傷つけられるため、下痢・便秘、血便、粘血便といった便に関わる症状が見られるのが特徴です。さらに進行すると急激な体重の減少や貧血、発熱といった症状があらわれます。比較的自覚症状で気づきやすい病気でもあるため、深刻な症状に発展する前に適切な治療を受けることが求められます。

治療法は薬物療法が中心も完治が難しく、再発のリスクも

治療方法は薬物療法がメインですが、症状によって異なります。初期段階、軽症の場合はステロイド薬5-アミノサリチル酸製剤などの薬物が使用されますが、炎症が発症している位置によっては腸から直接薬剤を注入する場合もあります。こうした方法では充分な効果が見込めない重症患者に対しては点滴による薬剤の投与や白血球除去療法などが行われます。なおこの場合には入院が必要です。

 

再発のリスクもあるため、大腸に生じる病気のなかでもとくに注意したい病気といえるでしょう。そのため自己判断で治療をやめたりせず、症状が治まった後も医師の指示に従って治療を続けることが絶対条件となります。

ガスが溜まりやすい体質改善に効果的な乳酸菌はどれ?

 

スポンサードリンク