空気嚥下症

空気嚥下症とは?

乳酸菌サプリメント


何らかの原因で普通よりも多くの空気を飲み込んでしまい、それが原因となって腹痛やゲップ、おなら、お腹が鳴るなどの症状が多発することを空気嚥下症あるいは呑気症といいます。

 

空気を多く飲み込んでしまう原因はいくつか考えられます。まずは食事の際に料理といっしょに空気を飲み込む場合があります。これは程度の差こそあれだれにでもあることなのですが、空気嚥下症の人の場合にはこの空気の量が極端に多くなります。

 

食事に関して言えば、早食いの人やよく噛まずに食べる人、逆にあまりにも長く噛み続ける人、人とおしゃべりをしながら食事をする習慣のある人などは皆空気を多く飲み込んでしまう可能性があります。

 

またごくりと唾を飲み込むことが多い人や、奥歯を噛み締めるクセがある人もまた空気嚥下症になりやすいとされています。この他炭酸飲料や冷たいものばかりを食べたがる人も空気嚥下症にかかる可能性が高くなります。

 

しかしこうした生活習慣による原因の他にもストレスによってつい多くの空気を飲み込んでしまう人もいます。ある研究ではこうしたストレスによって空気嚥下症となる人の割合が最近急速に増えているといいます。

 

空気嚥下症は先に述べたような早食いなどの食事の仕方に気をつけて改善するだけでもかなり症状が軽くなることがあります。しかし一部の人ではあまりにも飲み込む空気が多すぎてお腹が鳴る、ゲップが出るなどといった症状が頻発し、仕事などに差し支える場合もあります。このような時には受診して適切な薬を処方してもらうことが重要です。

ガスが溜まりやすい体質改善に効果的な乳酸菌はどれ?

 

スポンサードリンク