お腹が鳴る原因と腸内環境

お腹が鳴る原因と腸内環境にはどのような関係がある?

乳酸菌サプリメント


お腹が鳴る最も大きな原因の1つに腸内環境があります。腸内環境と言えば常在菌である善玉菌と悪玉菌とが知られていますが、これらのうち悪玉菌の数が増えて優位に立つととたんに身体にとっては良くないガスが大量に発生するようになります。また悪玉菌が優勢に立つと便秘などが起こり、発生したガスが溜まりやすいということもあり、悪循環となります。

 

腸内に常在している菌は主に乳酸菌などの善玉菌と、悪玉菌とに分かれています。悪玉菌の代表格としては大腸菌やウェルス菌などがあります。通常でも善玉菌と悪玉菌の割合は8対2程度で善玉菌の方が多いのですが、食事などの生活習慣が乱れると悪玉菌の割合が徐々に増えこの比率を崩すことになります。腸の内部で悪玉菌が優勢になると毒素を含んだガスやアンモニア、硫化水素などの気体が発生するようになります。こうしたガスは多く溜まるとお腹が張り、膨満感を感じたり、お腹がなる原因となります。

 

こうした腸内環境の悪化が原因となるガスの発生は、そのうち腸内の血管から取り込まれ体中をめぐることになります。こうしたガスには毒素などが含まれていることもあるため、肌の調子が乱れたり、内臓の働きが悪くなったりしてさまざまな不都合なことが起こるようになります。

 

お腹がなる原因となるガスが溜まりやすい腸内環境を改善するにはまずは食生活の見直しが急務です。緑黄色野菜や根野菜、海藻類、きのこ類など食物繊維を豊富に含むものを日ごろから欠かさず食べるようにこころがけ、その反面で脂質や肉類、魚類などの動物性タンパク質はやや控えめにとるようにしましょう。それというのも悪玉菌はこうした脂質や動物性タンパク質を好物としているためです。

 

乳酸菌を摂取するのは善玉菌の数を増やすのに最も有効な方法ですが注意すべき点が一つあります。それはヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は腸に届く前にほとんどが死滅してしまうこと。腸までしっかりと届く乳酸菌を選ぶ必要があります。

ガスが溜まりやすい体質改善に効果的な乳酸菌はどれ?

 

スポンサードリンク