過敏性腸症候群

お腹が鳴る原因と過敏性腸症候群にはどのような関係がある?

乳酸菌サプリメント


内視鏡検査などを含むさまざまな検査や血液などを調べてみてもこれといった不具合が無いにもかかわらず、お腹が鳴る、腹痛がする、膨満感がするなどの症状の他に便秘や下痢を繰り返す病気のことを過敏性腸症候群と呼んでいます。

 

過敏性腸症候群の検査においてはまず、腸のポリープやガン、潰瘍、クローン病などを先に検査してその上でそれらの可能性がないことを確認しなければなりません。過敏性腸症候群の主な症状としては腹痛や便通の異常および腹部の不快感などです。特に痛みや不快感は左下腹部によくみられ、押すと圧痛があります。この他お腹が鳴るなどといった症状もよく聞かれます。

 

過敏性腸症候群によって引き起こされる腹部の痛みは差し込むような鋭い痛みや鈍痛などですが、たいていの場合は切迫した便意を伴います。また排便後には一時的にではあっても症状がずいぶんとよくなる場合が多いようです。過敏性腸症候群では腹部の異常以外にも頭痛や抑うつ感、不安、集中できない、疲労感などをともなうことが多いとされています。そのためか多分にメンタルな要素が背後に隠れていると考えられています。一部の医師や研究者では過敏性腸症候群の引き金となるものにはストレスが大きく関連しているとしている場合もあります。

 

過敏性腸症候群は症状の現れ方から大きく3通りに区別することができます。「下痢型」、「便秘型」、「交互型」の3つです。中でも便秘型の場合には突然便意が襲うことがあり、このようなことが数回続くと満員電車での通勤ができなくなったり、密閉された場所で時間を過ごすことができなくなったりします。また実際には便意を催さなくとも「便意が生じるのではないか」という不安から逃れられなくなることもあります。

 

過敏性腸症候群の便秘型というのは、腸の痙攣が原因となって便秘がちとなる状態で、排便できたとしてもウサギの糞のようなコロコロとした便が出るにとどまります。交互型では便秘と下痢を繰り返すことになります。

ガスが溜まりやすい体質改善に効果的な乳酸菌はどれ?

 

スポンサードリンク