お腹が鳴る原因とストレス

お腹が鳴る原因とストレスにはどのような関係がある?

乳酸菌サプリメント


現代生活においてストレスは万病の元と言ってもよいでしょう。精神的な疾患はもとより、肉体的な疾患においても蓄積されたストレスが引き金となっているケースが多々見受けられます。そしてお腹が鳴る原因としてもやはりストレスが関係しているとされるケースが増えています。

 

人間関係や仕事上の重責、将来への不安などかかえるストレスは人それぞれです。しかしストレスは発散しない限り蓄積され続けます。そしてある時を境に身体に変調をきたすようになります。お腹が鳴る、腹痛などといった症状の原因としてもやはりそうしたケースが多く見受けられます。

 

人の胃や腸などの働きは自律神経によって管理されています。自律神経は交感神経と副交感神経という、相対する性質の神経のバランスで保たれています。交感神経は興奮の神経です。戦場(仕事)へと駆り立てる働きであり、行動的です。それに対して副交感神経は安らぎの神経です。瞑想、安堵、落ち着きなどといった状況では副交感神経が優位に立っています。

 

さてではお腹がなる原因となっているのがどちらの神経かというと交感神経の方です。自律神経は腸と脳とを直接つないでいます。自律神経を左右するホルモンの所在は脳と同等ほど胃や腸に存在しているという説もあるほどです。日常生活や仕事、対人関係などで溜まったストレスが自律神経の交感神経を優位にさせ、お腹が鳴るなどといった胃や腸の不具合を発症させていると考えられます。

 

こうしたストレスによってお腹が鳴るという状態では、その場しのぎの対症療法でお腹の鳴るのを止めたとしても一時的なものでしかありません。重要なことは元にあるストレスを軽減し、また溜まってしまったストレスを発散させるということです。

 

ストレスはさまざまな要因で発生します。中には環境の要因(騒音、悪臭など)のように引越しをすることによって解消できるものもありますが、仕事上の問題や人間関係が元となっているストレスは簡単に排除することはできずやっかいです。

ガスが溜まりやすい体質改善に効果的な乳酸菌はどれ?

 

スポンサードリンク