お腹が鳴るのを防ぐ

お腹が鳴るのを防ぐにはどうしたら良いでしょうか?

乳酸菌サプリメント


お腹が鳴るのを防ぐ対策として有効なものがいくつかあります。それをご紹介しましょう。

 

まずお腹が鳴る原因がはっきりとしなければなりません。お腹が鳴る原因の1つは空腹時に胃から十二指腸へと空気などが移動する時の音です。2つ目は腸のぜん動運動によって内容物が移動する際の音です。

 

では最初のタイプ、空腹によってお腹がなる場合の対策としては、下がってしまった血糖値をあげてあげることが有効です。そこで飴玉やガムなどを引き出しやバッグに忍ばせておいて何となくお腹が鳴りそうな時には、少し早めに飴玉などをなめましょう。

 

またお腹をマッサージするというのもかなり効果があります。お腹を時計回りにさするようにぐるぐるとマッサージします。しばらくするとガスが集まっておならが出そうになるので、まとめてトイレでガス出しをしましょう。これで当分はすっきりとします。

 

またお腹が鳴る2つ目の原因である腸の内部でのぜん動運動によるものの場合、姿勢をピンと後ろにそって、背筋を伸ばすことで意外とガスのことが気にならなくなります。

 

またヨガのポーズにも同様の効果が得られるものがあります。今度は正座をした状態から体を前に倒し、同時に両手を伸ばします。胸がももにつくまで体を倒して顔も地面につくようにします。腕はできる限り遠くまで伸ばします。するとこれでもやはり立派にガス抜きができます。このような方法でガス抜きをしておけば半日はお腹が鳴る心配に悩まされなくなります。

 

根本的にお腹にガスが溜まりやすいという人は乳酸菌などで腸内環境を改善してあげることでお腹の鳴りを解消することができます。ただし、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は腸に届く前に死滅してしまうので効果的な乳酸菌を選ぶ必要があります。

ガスが溜まりやすい体質改善に効果的な乳酸菌はどれ?

 

スポンサードリンク