お腹が鳴るのを防ぐツボ

お腹が鳴るのを防ぐツボとは?

乳酸菌サプリメント


会議中やシーンと静まり返った講演会の途中、あるいはクラシックのコンサートの音が途切れた静寂の時、あなたのお腹が鳴ると雰囲気が台無しになるばかりかひじょうに恥ずかしい思いをしてしまいます。また音楽会などの場合には多くの人様の迷惑にもなってしまいます。

 

決して意識してお腹を鳴らす人はいないでしょうが、お腹の鳴るのはコントロールできないので困ったものです。そんな時まず試して欲しいのはお腹がなるのを防ぐ効果のあるツボです。ここではイスに腰掛けている時でも簡単にできるものを紹介しましょう。

 

お腹が鳴るのを防いでくれるツボとしては手のひらにある「合谷」というツボが有名です。これは親指の骨と人差し指の骨の交差するところ、手のひらの親指側の少し盛り上がったところにあります。このツボを片方の親指で10秒間ほどじっとおさえ続けます。これを5回繰り返しましょう。

 

またこのツボ押しと一緒に、イスの上で背筋をピンと伸ばしましょう。すると不思議なことにガスで膨満感が強かったのが少しずつ解消されます。またこれでもまだお腹がなる場合には思い切り空気をお腹の中に入れて内側から圧力で胃の動きを鈍らせます。これによってお腹の鳴るのが軽減されます。

 

またお腹が鳴る時に何か口に入れるという人も多いようですが、このような時には甘いものを口にするのがベストです。お腹が鳴るのは脳がエネルギー不足を感じている証拠です。そこですぐにエネルギーになる糖分を補給してあげるのです。お腹が鳴ることで悩んでいる人は、バッグの中にあめ玉を何個か忍ばせておくと安心です。

ガスが溜まりやすい体質改善に効果的な乳酸菌はどれ?

 

スポンサードリンク