お腹が鳴るのはなぜ!?

何の前触れもないのにお腹が鳴る。グルグル、キュー、グーグーなど鳴る音はさまざまですがいずれの場合にしても時と場所を選ばずお腹が鳴るというのはひじょうに困りものです。

空腹時と食後に鳴る場合がある

例えば周囲がシーンとした講習会の場や、何らかのプレゼンテーションの時、会議中や、恋人との初デートの際など、いきなりグーグーとお腹が鳴ると雰囲気はぶち壊しです。

 

またあまりにしょっちゅうお腹が鳴るようでは周囲の人もどう接してよいかわからず混乱してしまうこともあります。

 

このお腹が鳴る原因はいったい何なのでしょうか。

 

お腹が鳴る大きな原因としては空腹時にお腹(胃)が鳴る場合と、食後しばらくしてから腸のどこかでお腹が鳴る場合とがあります。

 

お腹が鳴るということそのものは決して病気や疾患ではありません。

病気が原因でお腹が鳴ることも・・

お腹が鳴るのはなぜ

そのためお腹が鳴る原因を知るために受診しても、お腹の中の空気のせい、あるいは腸の蠕動運動のせいということになってしまいます。

 

もちろん原則的には薬なども処方されません。医師によっては「胃腸が健康な証拠です」などという人もいるほどです。

 

とは言われてもお腹が鳴ることが改善されるわけではありません。

 

ここで気をつけておきたいことは、お腹が鳴ることそのものは病気ではありませんが、何らかの病気が原因になって、その症状の1つとしてお腹が鳴るということはいくつか考えられます

 

それは内科的な原因であったり、あるいは精神科的なものであったりします。お腹の鳴るのがあまりに気になって生活や仕事で支障が出る場合などは心療内科や内科などを受診する方がよいでしょう。

空腹時にお腹が鳴る原因とは?

胃袋は筋肉でできています。薄い筋肉でできた丈夫な袋、それが胃です。胃は食事などに応じて伸びたり縮んだりします。この胃が伸びたり縮んだりする動きのことを胃の蠕動運動といいます。この胃の蠕動運動が空腹時にお腹が鳴る原因となります。

胃の中に多くの空気がある時に鳴りやすい

最後に食事をして相当数の時間が経過すると空腹となり、身体は低血糖の状態に近くなります。

 

低血糖の状態というのは放置しておくと失神し、昏睡してしまうことがあるほど危険なことです。

 

そこで胃の中に何も消化すべきものが新たに加わらない状態が続くと、脳がそれを察知して次の食事に対する準備をしておくように胃に指令を発します。

 

脳からの指令を受けた胃袋は大きな蠕動運動を行い、胃の中に残っていた残留物や空気などを腸の始まりの部分である十二指腸に送り出します。

 

ところが胃から腸への橋渡しをする十二指腸の入り口はひじょうに狭くできています。

空気を飲み込みやすいと鳴りやすい

お腹が鳴る原因

そのため胃の中に多くの空気がある時などはこの狭いところをくぐり抜ける際に音を出します

 

これが空腹時にお腹が鳴る原因です。

 

空腹時にお腹が鳴るのはこのような整理運動のためなので病気などとは関係ありません。

 

しかしお腹がひんぱんに鳴る人もいれば、まったく鳴らない人もいます。この差はどこから生じるかというと、主に食事などの際に空気を飲み込む量が多い人ほど空腹時にお腹が鳴ることが多くなります

 

そのため早食いの人やふだんから空気を飲み込むクセのある人、ガムを噛む人や唾を飲み込む回数が多い人などは、こうした習慣を避けるようにすることでお腹の鳴りも改善できます。

食後にお腹が鳴る原因とは?

ゴロゴロ、グーグー、キュルキュル、お腹が鳴るのは何も空腹時のみとは限りません。食後にもお腹が鳴る症状がひどくて悩んでいる人もたくさんいます。

腸による消化・吸収のための蠕動運動

食後にお腹が鳴る最も大きな原因は腸による消化・吸収のための蠕動運動です。

 

食事などで食物が消化器官の中に入るとまず胃で徹底的に消化されます。

 

その後十二指腸を経て小腸、大腸へと内容物がリレーされます。

 

この時点では食べ物はもはや原形をとどめてはおらず、ドロドロとしたひじょうに濃い流動性のあるものに変化しています。

 

こうした流動性の高いものをちょうどチューブのようなものに入れて動かすと、少しでもガスや空気が入っていると、グルグル、キュルキュルとさまざまな音を発します。要するにこれが食後にもお腹の鳴る原因なのです。

 

腸の中のガスは胃からそのまま受け継がれたものが多いのですが、消化に伴って発酵が起こることで発生するガスもあります。また腸内環境が悪い人の場合には大腸の中でさかんに有毒なガスが発生されています。

便秘の症状が強い人はお腹が鳴りやすい

お腹が鳴る原因

この腸内環境が原因のガスは本来なら、おならとして排出されるべきものですが、便秘の症状が強い人などではこれがなかなか出て行ってくれません

 

その結果食後しばらく時間を置くとグルグル、キュルキュルというお腹の鳴る音がするのです。

 

この腸内環境においては乳酸菌などのいわゆる善玉菌が優勢になっている場合にはあまりガスは発生しません。

 

しかしウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌が優勢の場合には大量のガスが発生します。

 

そしてこのガスはお腹の鳴る原因となるばかりではなく、毒物や老廃物を含んだまま体内に再吸収されてしまい体調を崩す一因となることもあるのです。

空気嚥下症とは?

何らかの原因で普通よりも多くの空気を飲み込んでしまい、それが原因となって腹痛やゲップ、おなら、お腹が鳴るなどの症状が多発することを空気嚥下症あるいは呑気症といいます。

空気の量が極端に多いのが原因

空気嚥下症

空気を多く飲み込んでしまう原因はいくつか考えられます。まずは食事の際に料理といっしょに空気を飲み込む場合があります。

 

これは程度の差こそあれだれにでもあることなのですが、空気嚥下症の人の場合にはこの空気の量が極端に多くなります

 

食事に関して言えば、早食いの人やよく噛まずに食べる人、逆にあまりにも長く噛み続ける人、人とおしゃべりをしながら食事をする習慣のある人などは皆空気を多く飲み込んでしまう可能性があります。

 

またごくりと唾を飲み込むことが多い人や、奥歯を噛み締めるクセがある人もまた空気嚥下症になりやすいとされています。

空気嚥下症は早食いに注意

空気嚥下症

この他炭酸飲料や冷たいものばかりを食べたがる人も空気嚥下症にかかる可能性が高くなります。

 

しかしこうした生活習慣による原因の他にもストレスによってつい多くの空気を飲み込んでしまう人もいます。

 

ある研究ではこうしたストレスによって空気嚥下症となる人の割合が最近急速に増えているといいます。

 

空気嚥下症は先に述べたような早食いなどの食事の仕方に気をつけて改善するだけでもかなり症状が軽くなることがあります

 

しかし一部の人ではあまりにも飲み込む空気が多すぎてお腹が鳴る、ゲップが出るなどといった症状が頻発し、仕事などに差し支える場合もあります。このような時には受診して適切な薬を処方してもらうことが重要です。

空腹時にお腹が鳴る原因とは?

空腹になるとお腹が鳴るというのはあまりも当たり前すぎて、「ではなぜ空腹だとお腹が鳴るのか?」と考える人はあまり多くはないようです。

 

しかし考えてみると不思議な現象です。また会議室や教室など、周囲がシーンとしている場所でお腹が鳴ってしまって恥ずかしい想いをしたことがある人の場合には、空腹が原因でお腹が鳴る仕組みをしっかりと知っておきたいものです。

残留物を十二指腸へ送り出す際の音

空腹時にお腹が鳴る原因

人間の胃の中には常にある程度の空気が入っています。

 

これは食事で入ってくる食物などを効率よく撹拌するためには必要なものです。

 

しかし空腹の時、胃の中はほぼ空っぽになりますが、そうなると今度は血糖値が下がってきて脳がそのことを察知します。

 

すると脳は「何かを食べよ」と胃に向かって命令をします。それを受けて胃は新たな食物が入ってきてもよいように、胃の中の残留物を十二指腸へと送り出します。

 

この時、空気もいっしょに吐き出されるためグルグル、グーグーといったようにお腹が鳴るのです。

朝食をしっかり摂ることが大切

空腹時にお腹が鳴る原因

こうしたことは生活習慣によってさらにひんぱんに起こるようになります。

 

一番いけないのが朝食を抜くことです。

 

胃は一定の時間が経過すると次の食事に備えます。

 

しかし朝食を抜くと昨晩の夕食以来12時間をはるかに越えて、1日中で最も胃が空っぽになる条件を揃えてしまうことになります。

 

そのため空腹が原因でお腹が鳴るクセがある人は、朝食を抜くことは絶対に禁止です。忙しい時間ですので手間がかからない夕食の残りものやトーストと野菜ジュース、あるいはバナナなどを食べることもよいでしょう。

 

とにかく朝一番に胃に何かしら固形物を入れて胃を働かせることが重要なのです。

お腹が鳴る原因と腸内環境にはどのような関係がある?

お腹が鳴る最も大きな原因の1つに腸内環境があります。腸内環境と言えば常在菌である善玉菌と悪玉菌とが知られていますが、これらのうち悪玉菌の数が増えて優位に立つととたんに身体にとっては良くないガスが大量に発生するようになります。

 

また悪玉菌が優勢に立つと便秘などが起こり、発生したガスが溜まりやすいということもあり、悪循環となります。

悪玉菌が多くなるとお腹が鳴る原因に

お腹が鳴る原因と腸内環境

腸内に常在している菌は主に乳酸菌などの善玉菌と、悪玉菌とに分かれています。

 

悪玉菌の代表格としては大腸菌やウェルス菌などがあります。

 

通常でも善玉菌と悪玉菌の割合は8対2程度で善玉菌の方が多いのですが、食事などの生活習慣が乱れると悪玉菌の割合が徐々に増えこの比率を崩すことになります。

 

腸の内部で悪玉菌が優勢になると毒素を含んだガスやアンモニア、硫化水素などの気体が発生するようになります。こうしたガスは多く溜まるとお腹が張り、膨満感を感じたり、お腹がなる原因となります。

 

こうした腸内環境の悪化が原因となるガスの発生は、そのうち腸内の血管から取り込まれ体中をめぐることになります。

 

こうしたガスには毒素などが含まれていることもあるため、肌の調子が乱れたり、内臓の働きが悪くなったりしてさまざまな不都合なことが起こるようになります。

腸内環境を整える食生活を

お腹が鳴る原因と腸内環境

お腹がなる原因となるガスが溜まりやすい腸内環境を改善するにはまずは食生活の見直しが急務です。

 

緑黄色野菜や根野菜、海藻類、きのこ類など食物繊維を豊富に含むものを日ごろから欠かさず食べるようにこころがけ、その反面で脂質や肉類、魚類などの動物性タンパク質はやや控えめにとるようにしましょう。

 

それというのも悪玉菌はこうした脂質や動物性タンパク質を好物としているためです。

 

乳酸菌を摂取するのは善玉菌の数を増やすのに最も有効な方法ですが注意すべき点が一つあります。

 

それはヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は腸に届く前にほとんどが死滅してしまうこと。腸までしっかりと届く乳酸菌を選ぶ必要があります。

お腹が鳴る原因と過敏性腸症候群にはどのような関係がある?

内視鏡検査などを含むさまざまな検査や血液などを調べてみてもこれといった不具合が無いにもかかわらず、お腹が鳴る、腹痛がする、膨満感がするなどの症状の他に便秘や下痢を繰り返す病気のことを過敏性腸症候群と呼んでいます。

過敏性腸症候群は腹部に不快感がある

お腹が鳴る原因と過敏性腸症候群

過敏性腸症候群の検査においてはまず、腸のポリープやガン、潰瘍、クローン病などを先に検査してその上でそれらの可能性がないことを確認しなければなりません。

 

過敏性腸症候群の主な症状としては腹痛や便通の異常および腹部の不快感などです。

 

特に痛みや不快感は左下腹部によくみられ、押すと圧痛があります。この他お腹が鳴るなどといった症状もよく聞かれます。

 

過敏性腸症候群によって引き起こされる腹部の痛みは差し込むような鋭い痛みや鈍痛などですが、たいていの場合は切迫した便意を伴います。また排便後には一時的にではあっても症状がずいぶんとよくなる場合が多いようです。

 

過敏性腸症候群では腹部の異常以外にも頭痛や抑うつ感、不安、集中できない、疲労感などをともなうことが多いとされています。

 

そのためか多分にメンタルな要素が背後に隠れていると考えられています。

 

一部の医師や研究者では過敏性腸症候群の引き金となるものにはストレスが大きく関連しているとしている場合もあります。

過敏性腸症候群は3つのタイプに分かれる

過敏性腸症候群は症状の現れ方から大きく3通りに区別することができます。

・下痢型
・便秘型
・交互型

中でも便秘型の場合には突然便意が襲うことがあり、このようなことが数回続くと満員電車での通勤ができなくなったり、密閉された場所で時間を過ごすことができなくなったりします。

お腹が鳴る原因と過敏性腸症候群

 

また実際には便意を催さなくとも「便意が生じるのではないか」という不安から逃れられなくなることもあります。

 

過敏性腸症候群の便秘型というのは、腸の痙攣が原因となって便秘がちとなる状態で、排便できたとしてもウサギの糞のようなコロコロとした便が出るにとどまります。

 

交互型では便秘と下痢を繰り返すことになります。

お腹が鳴る原因とストレスにはどのような関係がある?

現代生活においてストレスは万病の元と言ってもよいでしょう。精神的な疾患はもとより、肉体的な疾患においても蓄積されたストレスが引き金となっているケースが多々見受けられます。そしてお腹が鳴る原因としてもやはりストレスが関係しているとされるケースが増えています。

交感神経が優位になるとお腹が鳴る

お腹が鳴る原因とストレス

人間関係や仕事上の重責、将来への不安などかかえるストレスは人それぞれです。

 

しかしストレスは発散しない限り蓄積され続けます。

 

そしてある時を境に身体に変調をきたすようになります。お腹が鳴る、腹痛などといった症状の原因としてもやはりそうしたケースが多く見受けられます。

 

人の胃や腸などの働きは自律神経によって管理されています。自律神経は交感神経と副交感神経という、相対する性質の神経のバランスで保たれています。

 

交感神経は興奮の神経です。戦場(仕事)へと駆り立てる働きであり、行動的です。それに対して副交感神経は安らぎの神経です。瞑想、安堵、落ち着きなどといった状況では副交感神経が優位に立っています。

 

さてではお腹がなる原因となっているのがどちらの神経かというと交感神経の方です。

 

 

自律神経は腸と脳とを直接つないでいます。自律神経を左右するホルモンの所在は脳と同等ほど胃や腸に存在しているという説もあるほどです。

 

日常生活や仕事、対人関係などで溜まったストレスが自律神経の交感神経を優位にさせ、お腹が鳴るなどといった胃や腸の不具合を発症させていると考えられます。

ストレスを発散させることが大切

お腹が鳴る原因とストレス

こうしたストレスによってお腹が鳴るという状態では、その場しのぎの対症療法でお腹の鳴るのを止めたとしても一時的なものでしかありません。

 

重要なことは元にあるストレスを軽減し、また溜まってしまったストレスを発散させるということです。

 

ストレスはさまざまな要因で発生します。

 

中には環境の要因(騒音、悪臭など)のように引越しをすることによって解消できるものもありますが、仕事上の問題や人間関係が元となっているストレスは簡単に排除することはできずやっかいです。

お腹が鳴るのを防ぐにはどうしたら良いでしょうか?

お腹が鳴るのを防ぐ対策として有効なものがいくつかあります。それをご紹介しましょう。

血糖値をあげてあげることが有効

お腹が鳴るのを防ぐ

まずお腹が鳴る原因がはっきりとしなければなりません。

 

お腹が鳴る原因の1つは空腹時に胃から十二指腸へと空気などが移動する時の音です。

 

2つ目は腸のぜん動運動によって内容物が移動する際の音です。

 

では最初のタイプ、空腹によってお腹がなる場合の対策としては、下がってしまった血糖値をあげてあげることが有効です。

 

そこで飴玉やガムなどを引き出しやバッグに忍ばせておいて何となくお腹が鳴りそうな時には、少し早めに飴玉などをなめましょう。

 

またお腹をマッサージするというのもかなり効果があります。お腹を時計回りにさするようにぐるぐるとマッサージします。

 

しばらくするとガスが集まっておならが出そうになるので、まとめてトイレでガス出しをしましょう。これで当分はすっきりとします。

ヨガのポーズも効果的

お腹が鳴るのを防ぐ

またお腹が鳴る2つ目の原因である腸の内部でのぜん動運動によるものの場合、姿勢をピンと後ろにそって、背筋を伸ばすことで意外とガスのことが気にならなくなります。

 

またヨガのポーズにも同様の効果が得られるものがあります

 

今度は正座をした状態から体を前に倒し、同時に両手を伸ばします。胸がももにつくまで体を倒して顔も地面につくようにします。

 

腕はできる限り遠くまで伸ばします。するとこれでもやはり立派にガス抜きができます。このような方法でガス抜きをしておけば半日はお腹が鳴る心配に悩まされなくなります。

 

根本的にお腹にガスが溜まりやすいという人は乳酸菌などで腸内環境を改善してあげることでお腹の鳴りを解消することができます

 

ただし、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は腸に届く前に死滅してしまうので効果的な乳酸菌を選ぶ必要があります。

お腹が鳴るのを防ぐツボとは?

会議中やシーンと静まり返った講演会の途中、あるいはクラシックのコンサートの音が途切れた静寂の時、あなたのお腹が鳴ると雰囲気が台無しになるばかりかひじょうに恥ずかしい思いをしてしまいます。また音楽会などの場合には多くの人様の迷惑にもなってしまいます。

お腹が鳴る時は合谷をプッシュ

お腹が鳴るのを防ぐ

決して意識してお腹を鳴らす人はいないでしょうが、お腹の鳴るのはコントロールできないので困ったものです。

 

そんな時まず試して欲しいのはお腹がなるのを防ぐ効果のあるツボです。ここではイスに腰掛けている時でも簡単にできるものを紹介しましょう。

 

お腹が鳴るのを防いでくれるツボとしては手のひらにある「合谷」というツボが有名です。

 

これは親指の骨と人差し指の骨の交差するところ、手のひらの親指側の少し盛り上がったところにあります。このツボを片方の親指で10秒間ほどじっとおさえ続けます。これを5回繰り返しましょう。

お腹に空気を入れることも効果的

お腹が鳴るのを防ぐ

またこのツボ押しと一緒に、イスの上で背筋をピンと伸ばしましょう

 

すると不思議なことにガスで膨満感が強かったのが少しずつ解消されます。

 

またこれでもまだお腹がなる場合には思い切り空気をお腹の中に入れて内側から圧力で胃の動きを鈍らせます。これによってお腹の鳴るのが軽減されます。

 

またお腹が鳴る時に何か口に入れるという人も多いようですが、このような時には甘いものを口にするのがベストです。

 

お腹が鳴るのは脳がエネルギー不足を感じている証拠です。そこですぐにエネルギーになる糖分を補給してあげるのです。お腹が鳴ることで悩んでいる人は、バッグの中にあめ玉を何個か忍ばせておくと安心です。

更新履歴