お腹に良いのは?乳酸菌と効果を知って腸内環境改善!

乳酸菌とはどのようなものでしょうか?

乳酸菌といえばヨーグルトなどの乳製品に多く含まれているもの、そして腸内改善に役立つものというのが一般的なイメージでしょう。身近な細菌としておなじみですが、基本的なことがあまり知られていない面もあります。

乳酸菌は免疫力を高める

乳酸菌とは

たとえば乳酸菌とは単独の細菌のことではない点。

 

乳酸菌とは乳酸を生み出す細菌の総称、つまり乳酸菌という名称のもとにたくさんの細菌が分類されているのです。

 

その数は数百種類とも言われます。そして乳酸菌の中にはビフィズス菌のように腸内にもともと存在しており、善玉菌として活動しているのももあります。

 

乳酸菌が持つ効果効能についてもまだよく知られていない面もあります。というより近年になってその幅広い効果効能が解明されるようになっていると言った方が適切でしょう。

 

腸内改善効果といえばもっぱら便秘改善が思い浮かびますが、実際には体全体にさまざまな影響を及ぼすのです。

 

とくに注目を集めているのが免疫力の強化。体内の免疫細胞のうちじつに60パーセントが腸内に存在していることが明らかになっています。

 

つまり腸内環境の悪化が免疫力そのものの低下をもたらしてしまうわけです。便秘に肌荒れが伴うのもこの免疫力の悪化がおもな原因とされています。

 

つまり乳酸菌の腸内改善効果は美容効果はもちろん、感染症など病気のリスクを軽減する役割も果たすのです。とくに近年では腫瘍予防・対策への効果も期待されています。

乳酸菌は胃酸に弱い

乳酸菌とは

乳酸菌の特徴では「胃酸で死滅してしまう」点も挙げておくべきでしょう。

 

摂取してもその大半が胃酸で死んでしまうため、生きた状態のまま腸まで届けるのが難しいのです。

 

一方ではクレモリス菌FC株のように胃酸でも死なない乳酸菌も発見されています。乳酸菌サプリを発売しているメーカーでは腸まで乳酸菌を届けるためのさまざまな工夫を行っています。

 

ただし、死滅した乳酸菌は腸内で善玉菌のエサとなって活動と増殖をサポートする効果があるため、死んでしまったまったく効果がないということではないので注意しましょう。

 

乳製品以外にも漬物などの発酵食品にも乳酸菌が含まれており、しかも胃酸に強い特徴を備えていることも知られるようになりました

 

わたしたちはこれまでよりも乳酸菌を摂取しやすく、役立てやすい環境にあるといいます。正しい知識で日々の健康にうまく役立てたいところです。

乳酸菌の働きにはどのようなものがあるでしょうか?

乳酸菌といえばお腹の調子を整える効果で知られています。そのため便秘対策に広く用いられていましたが、近年ではより幅広い効果効能が備わっていることが明らかになりつつあります。健康対策はもちろん、美容方面でも積極的に用いられる傾向が見られます。

乳酸菌は腸内環境を改善

乳酸菌の働き

では乳酸菌は体内においてどのような働きをするのでしょうか。

 

まず腸内環境の改善

 

よく知られているように、腸内では善玉菌と悪玉菌が存在しており、両者がうまくバランスをとることで健康状態が維持されています。

 

しかし食生活や生活習慣などが原因で悪玉菌が増殖し、優位な状況になってしまうと腸の働きが低下し、便秘などの原因になります。

 

その結果腸内にガスや有害物質が溜まりやすくなり、お腹が鳴りやすくなったり体臭口臭といった問題が生じるのです。

 

乳酸菌は腸内において悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌を増やす働きがあります。便秘対策としてよく用いられてきたのもこの効果ゆえです。

 

乳酸菌の効能に関してはこうした腸内環境の改善と深く関わってきます。便秘の改善のほか、腸内に蓄積していた有害物質や便を排出させることで腸の働きを活性化することができます。

乳酸菌は免疫力の向上も

乳酸菌の働き

また腸内がキレイになることで摂取した栄養素の吸収がよくなる点も重要なポイントです。

 

もうひとつ、乳酸菌の働きとして注目を集めるようになっているのが免疫力の向上

 

体内に存在する免疫細胞のじつに60パーセントが腸内に存在していることが判明しており、体全体の免疫力とも深く関わっていることがわかってきました。

 

よく便秘が続くと肌荒れが起こりやすくなるのも免疫力の低下が深く関わっているのです。

 

そのため乳酸菌による腸内環境改善効果によって病気になりにくく、健康な状態を維持する効能が期待できるわけです。またさらに腫瘍予防にも一定の効果が期待できるのではという意見も出ています。

 

このように、乳酸菌の働きによって腸内だけでなく全身の健康にさまざまな効能をもたらしています。乳製品はもちろん、漬物などの発酵食品にも含まれていますから、日々の生活の中で取り入れてみてはいかがでしょうか。

乳酸菌の種類にはどのようなものがあるでしょうか?

乳酸菌で腸内改善を目指す場合には乳酸菌の種類を知っておきましょう。乳酸菌とは1つの細菌の名称ではなく、代謝によって乳酸を作り出す細菌の総称です。そのため乳酸菌という名称のもとに多数の細菌が分類されています。

もっとも有名なのがビフィズス菌

乳酸菌の種類

数多くある乳酸菌の中でももっとも有名なのがビフィズス菌

 

乳酸菌とは独自に分類されることもあります。

 

この細菌は腸内の存在する善玉菌の一種で、腸内環境の改善に大きな効果をもたらします。

 

しかも近年の研究では花粉症やアトピーをはじめとしたアレルギー症状を緩和する効果も明らかになっています。

 

この細菌を含んだ健康食品やサプリメントも多く、摂取しやすさでももっとも馴染みやすい乳酸菌といえるでしょう。

 

それからKW乳酸菌。キリンによって開発された乳酸菌で、とくにアレルギーに対する優れた効果があるのが特徴です。

 

白血球の活動を調節する効果があるため、花粉症などのアレルギーの症状を抑えることができると言います。また胃酸に強く、活きたまま腸まで届きやすい点もこの細菌のメリットです。

アレルギーに効果的なL-92乳酸菌

乳酸菌の種類

アレルギー症状への効果ではもうひとつ、L-92乳酸菌も注目を集めている細菌です。

 

こちらは免疫細胞の働きを調節する働きがあります。

 

免疫細胞にはTh1細胞とTh2細胞の2種類があり、バランスを取る形で維持されているのですが、Th2の活動が優位になっていると免疫機能の過剰反応、つまりアレルギーが起こりやすくなります。

 

このL-92乳酸菌にはTh2細胞の働きを抑制する働きがあるのです。今後アレルギー治療において広く用いられていることが期待されています。

 

近年注目を集めている乳酸菌では有胞子性乳酸菌もあります。

 

この特徴は熱と酸に非常に強いこと。そのため胃酸で死滅せずに生きたまま腸に届きやすく、しかも保存しやすいというメリットを備えています。

 

サプリメントで摂取しても乳酸菌本来の効果を損なうことなく腸内で活動し、腸内環境を改善してくれるのです。

 

こうした乳酸菌の種類を知り、メリットや特徴を踏まえた上で腸内環境の改善に役立てるようにしましょう。

乳酸菌の種類 働き・特徴
ビフィズス菌 腸内環境の改善、アレルギー症状の緩和、サプリなどで摂取しやすい
KW乳酸菌 アレルギー症状の緩和、胃酸に強く活きたまま腸まで届きやすい
L-92乳酸菌 免疫細胞の働きを調節する、アレルギーを起こりにくくする
有胞子性乳酸菌 腸内環境の改善、熱と酸に非常に強い

植物性乳酸菌とはどのようなものでしょうか?

さまざまな乳酸菌が紹介され、サプリメントなどに使用されている状況ですが、そんななか、注目を集めているのが植物性乳酸菌です。乳酸菌といえばヨーグルトをはじめとした乳製品に含まれているイメージが強いですが、じつはさまざまな食材に含まれています。植物性乳酸菌とはその名の通り、植物に含まれる乳酸菌のことです。

漬物やキムチに含まれている

植物性乳酸菌とは

植物性乳酸菌はおもに植物を原材料とした発酵食品に含まれています。

 

漬物やキムチなどがその代表格です。

 

日本は発酵食品が非常に発達した食文化を持っており、いわば植物性乳酸菌大国といってもよい環境にあるのです。

 

一方では伝統的な食生活が失われつつあるため、植物性乳酸菌を日常生活の中で摂取する機会も少なくなっています。

 

ではどうして植物性乳酸菌が注目を集めているのでしょうか。その理由には乳製品に含まれる動物性乳酸菌にはないさまざまなメリットがあります。

 

最大の特徴は耐久性に優れていること。植物はもともと過酷な環境にも耐えて生育する優れた耐久性と環境に対する適応性を備えています。

植物性乳酸菌は塩分や酸に強い

植物性乳酸菌とは

植物性乳酸菌もそんな植物の特徴を備えているわけです。

 

とくに大きいのが塩分や酸に対して強いこと。

 

乳酸菌を腸内改善に役立てていくうえで最大のネックとなるのが胃酸の存在。胃を通過する際に胃酸によってそのほとんどが死滅してしまうと言います。

 

しかし植物性乳酸菌は動物性乳酸菌に比べて胃酸に晒されても生き残りやすく、腸内で生きたまま活動することができるのです。

 

また、動物性乳酸菌は食塩に弱いマイナス点もありますが、植物性はかなり高濃度な塩分の環境でも棲息し続けることができます。

 

乳酸菌は胃酸で死滅してしまうということで食べ物で摂取してもあまり意味がないという意見も出ていますが、このように植物性乳酸菌なら日々の食事の中で摂取し、腸内改善に十分に役立てることができます。

 

漬物はもちろん、味噌にもこの植物性乳酸菌が含まれています。植物性乳酸菌のメリットを知るとともに、日本の発酵食品の魅力も見直してみてはいかがでしょうか。

枯草菌(C-3102株)とはどのようなものでしょうか?

乳酸菌と並んで腸内環境の改善に役立つ細菌として注目を集めているのが枯草菌(C-3102株)です。サプリメントにも活用される機会が増えており、健康・美容方面でその効果が期待されています。

枯草菌は善玉菌を安定して増やす

枯草菌(C-3102株)とは

枯草菌といわれると何やら体に害をもたらしそうな印象もありますが、実際には安全性が非常に高く、体に害をもたらすことなく摂取することができる細菌です。

 

同じ種類の細菌は味噌や醤油のもろみといった発酵食品にも含まれています。

 

この枯草菌には乳酸菌とは異なるいくつかの特徴があります。まず腸内の善玉菌を安定して増やす効果があること。

 

乳酸菌の場合、摂取しても腸内環境とうまく合わない場合、そのまま異物として排除されてしまうことがあります。

 

よくヨーグルトは体質によって合う・合わないが出やすいとよく言われますが、それも乳酸菌と腸内環境との相性が関わっていると言います。

 

しかしこの枯草菌ならそのようなことはなく、腸内において確実に善玉菌を増やす効果をもたらしてくれます。

 

しかもその人の腸内環境に合った善玉菌を増やしてくれると言います。

枯草菌は生きたまま腸に届く

枯草菌(C-3102株)とは

もうひとつの重要なポイントが生きたまま腸に届くこと。乳酸菌の大きな問題点はせっかく摂取しても胃に到達した段階で胃酸によって死滅してしまうこと。

 

枯草菌はそのようなことはなく、摂取したうち99パーセントが活きたまま腸まで届きます。

 

乳酸菌サプリメントでは何とかして乳酸菌を腸まで届けるためさまざまな工夫が凝らされていますが、枯草菌ならそのようなことも必要なく、自然のまま腸まで届けることができるわけです。

 

さらに善玉菌を増やすだけでなく強力にする働きもあると言われています。もともと腸内に棲みついていた善玉菌が増えて元気になるため、活動が活発化するだけでなく悪玉菌を追い出す力も得ることができるというのです。

 

そのため枯草菌の摂取を続けていると善玉菌の増加と悪玉菌の減少の両方が進んでいきます。

 

このように、枯草菌は乳酸菌と同様腸内環境の改善に役立ち、しかも乳酸菌にはないメリットも備えている細菌なのです。

クレモリス菌FC株とはどのようなものでしょうか?

数ある乳酸菌の中でも近年注目を集めているのがクレモリス菌FC株です。この細菌には他の乳酸菌にはない大きなメリットを備えており、腸内環境の改善に対して優れた効果をもたらしてくれます。

クレモリス菌FC株は生きたまま腸まで届く

クレモリス菌FC株とは

乳酸菌の最大の弱点といえるのが酸に弱いこと。

 

食事やサプリメントで摂取しても胃に到達した段階で胃酸によってそのほとんどが死滅してしまい、生きたまま腸まで届くのはごくわずかと言われています。

 

そのためせっかく乳酸菌を摂取してもその効果を思ったように得ることができないのです。

 

クレモリス菌FC株はそんな弱点がなく、生きたまま腸まで届くことができるのです。

 

乳酸菌の中には他にも生きたまま腸まで届きやすい細菌がいくつか報告されていますが、その中でもクレモリス菌FC株は胃酸に対して優れた耐久性を備えていると言われています。

 

摂取すれば乳酸菌の効果を腸内で最大限に発揮させることができるわけです。

 

このような大きなメリットを備えたクレモリス菌FC株は腸内においてさまざまな効果をもたらしてくれます。

クレモリス菌FC株は腫瘍の予防も

クレモリス菌FC株とは

腸内環境の改善による便秘や下痢の改善はもちろんのこと、免疫力を向上させる効果が大きいとされています。

 

そのため肌荒れといった美容上のトラブルの改善や感染症の予防にも効果があると言われています。

 

さらに腫瘍の予防効果も期待されています。

 

クレモリス菌FC株にはもうひとつ大きな特徴があります。それはEPSと呼ばれる粘り気のある成分を作り出すこと。そのためこの細菌が含まれた乳製品はどくとくの粘り気ととろみがあるのです。

 

このEPSは人間の消化液では分解されないため、クレモリス菌FC株が大腸まで届くことができるとされているのです。さらにこのEPSそのものにも健康効果があるのではないかと研究が行われている段階です。

 

日本ではこれまでなじみがなかった細菌ですが、ヨーロッパでは古くからチーズを発酵させる時に使用されており、伝統的な健康食品とされてきました。

 

ヨーグルトの産地で有名なコーカサス地方でとくに食されており、その地域では健康で長寿な人が多いと言われています。

 

腸内環境の改善だけでなく広く健康に役立ってくれる細菌なのです。

乳酸菌は胃酸で死んでしまうのでしょうか?

乳酸菌を摂取するうえで大きな問題点となるのが胃酸。ヨーグルトなどの食べ物で摂取するにしろ、サプリメントで摂取するにしろ、口から食べたものは必ず胃を通過して腸へと向かうことになります。その過程で食べ物は胃酸によって消化されます。摂取した乳酸菌はこの胃酸でほとんどが死滅してしまうのです。

乳酸菌を生きたまま届けることはできる

乳酸菌と胃酸

せっかく摂取しても胃酸で死んでしまうのならいくら摂取しても効果がないのでは、と思う人も多いでしょう。

 

ただ、現在出回っている乳酸菌サプリの中には生きたまま腸まで届くよう工夫を凝らしたものも増えています。

 

また、乳酸菌の中には胃酸で死滅せずに腸まで届く種類もあり、それを配合した製品も増えています。

 

一部のヨーグルとに含まれているクレモリス菌FC株や漬物などの発酵食品に含まれている植物性乳酸菌などがその代表格で、サプリメントではなく食べ物でも乳酸菌を生きたまま届けることが可能なのです。

 

このように乳酸菌を摂取する場合には胃酸の影響をどれだけ受けるのかを考慮したうえで摂取方法や製品選びを行う必要があるのです。

死んでも腸内環境の改善には役立つ

乳酸菌と胃酸

しかし、乳酸菌のほとんどか胃酸で死んでしまうのと、死んでしまった乳酸菌にはまったく効果が期待できないのでは話が別です。

 

死んでしまったからといって効果が失われてしまうわけですなく、腸内環境の改善に役立ちます。

 

胃酸によって死んでしまった乳酸菌の死骸が腸まで届くことで善玉菌のエサとなり、増殖を助けるのです。

 

乳酸菌サプリの中にはオリゴ糖と一緒に配合しているものが見られますが、それも腸内の乳酸菌を増やす効果を狙ったものです。

 

また、乳酸菌の中には最初から死滅させた状態で摂取するタイプもあります。

 

フェカリス菌は加熱処理をしてサプリメントに配合するもので、この腸内の善玉菌を増やすだけでなく免疫力を強化する働きもあります。

 

このように乳酸菌は必ずしも生きたまま届かなければならないというわけではなく、胃酸で死滅しても役に立ってくれるのです。この点についての正しい知識も踏まえた上で乳酸菌の摂取を目指していきましょう。

腸内の乳酸菌を増やすにはどうしたら良いでしょうか?

乳酸菌サプリメント


腸内改善の鍵を握るのが善玉菌。乳酸菌も善玉菌の一種、ビフィズス菌に代表される腸内に棲息する乳酸菌を増やし、悪玉菌の活動を抑制することが大事なのです。お腹の調子が悪い、オナラや便が臭いという人は悪玉菌が優位になってしまっている証拠。腸内の善玉菌をできるだけ増やす対策が求められます。

腸まで届く環境で摂取すること

乳酸菌を増やすには

では腸内の乳酸菌を増やすにはどうすればよいのでしょうか?もっとも直接的な方法は乳酸菌を摂取すること

 

ヨーグルトなどの発酵食品、サプリメントなどで摂取することができます。

 

一番手っ取り早い方法といえるわけですが、ひとつ大きな問題点があります。

 

それは食事で摂取した乳酸菌は胃を通過する際にそのほとんどが胃酸で死滅してしまうこと。

 

乳酸菌の死骸は腸内で善玉菌のエサとなって増殖を促すとされているのでまったく効果がないというわけではないのですが、乳酸菌の効果を十分に活かしているとは言えません。

 

ですから乳酸菌を摂取する場合にはできるだけ腸まで届く環境で摂取することが望まれます。

 

有胞子性乳酸菌やクレモリス菌FC株のように腸まで生きたまま届きやすい性質を持ったタイプを配合した製品、あるいはカプセルなどに閉じ込めて胃酸から守る工夫が行われた製品を意識して選ぶようにしましょう。

食物繊維は乳酸菌を増殖しやすい環境へ

乳酸菌を増やすには

それから食物繊維の摂取

 

現代人は野菜が不足しており、食物繊維の摂取量が十分でないために腸内環境が悪化しやすいと言われています。

 

食物繊維は悪玉菌を減らす働きがあるため、腸内の乳酸菌が増殖しやすい環境になります。乳酸菌の摂取と合わせて行うとさらに高い効果が期待できるでしょう。

 

栄養バランスの取れた食生活への改善も含め、摂取を心がけたいところです。

 

もうひとつの方法が乳酸菌を増やす効果がある成分や細菌を摂取すること。

 

たとえば乳酸菌と一緒にサプリメントに配合されることが多いオリゴ糖は腸内で乳酸菌のエサとなることで増殖を助けます。

 

それから枯草菌。この細菌は腸まで生きたまま届くうえ、腸内の乳酸菌を増やし、活動を活発化させる働きがあります。

 

基本的には乳酸菌の摂取を心がけること。それにプラスして他の方法もうまく組み合わせながら腸内の乳酸菌を増やす対策を行っていきましょう。

ヨーグルトとサプリメントどっちが良いのでしょうか?

乳酸菌を摂取する代表的な方法にはヨーグルトとサプリメントがあります。ひと昔前は乳酸菌の摂取方法といえばもっぱらヨーグルトでしたが、現在では乳酸菌サプリメントが増えたことでさまざまな選択肢が用意されている状況です。

ヨーグルトはビタミン、ミネラル摂取にも

ヨーグルトとサプリメント

ではヨーグルトと乳酸菌サプリメントのどちらが摂取方法として優れているのでしょうか?それぞれのメリットや特徴について見てみましょう。

 

まずヨーグルト。最大のメリットは価格が安いこと。

 

継続的に摂取していくことを考えるとこれは大きなメリットです。それから風味。好きな人にとってはおやつ感覚で楽しみながら摂取していくことができます。

 

またヨーグルトには乳酸菌以外にもビタミンやミネラルなども含まれているのでより広い意味での栄養補給の手段としても適しています。

 

一方乳酸菌サプリのメリットは乳酸菌の効果を最大限得ることができること。

 

そのために開発されているのですから当然と言えば当然ですが、乳酸菌を生きたまま腸まで届けることができる点は非常に大きなメリットです。

サプリは低カロリー

ヨーグルトとサプリメント

また、ひとつの乳酸菌だけでなく複数の乳酸菌が配合されている製品もあり、それぞれの乳酸菌が持つ効果を得ることができます。

 

ヨーグルトよりも低カロリーなのでダイエット中にも適しています。他にもオリゴ糖など腸内改善や健康によい成分を併せて配合している製品も見られます。

 

デメリットについてはどうでしょうか。ヨーグルトの場合は体質的に合わないケースがあること。

 

とくに乳製品が苦手な人は食べ続けるのは困難でしょう。

 

またサプリメントよりもカロリーが高い点、原則として1種類の乳酸菌しか含まれていない点などもデメリットとして挙げられます。

 

乳酸菌サプリの場合は風味を楽しむことができない点、カプセルが苦手な人などは飲みにくい点、価格面でヨーグルトよりも負担が大きくなる点などが挙げられます。

 

どちらがよいか、自分の好みや健康状態を踏まえたうえで選んでいくとよいでしょう。

乳酸菌サプリの選び方のポイントは?

さまざまな乳酸菌の特徴やメリットが知られるようになり、腸内環境の改善に役立てるためには相応しい乳酸菌を正しい方法で摂取することが求められるようになっています。単に乳酸菌が含まれる食品やサプリメントを摂取するだけでは十分ではない状況なのです。

 

では市販されている乳酸菌サプリはどのような基準で選んでいくとよいのでしょうか。

生きたまま届く乳酸菌サプリを

乳酸菌サプリの選び方

まず生きたまま腸まで届くかどうか

 

現在出回っている乳酸菌サプリの多くは乳酸菌が生きたまま届くようさまざま工夫が行われています。その方法は大きく2種類あります。

 

まず腸まで届くタイプの細菌を配合しているケース。もうひとつはカプセルなどで胃酸から保護するタイプ。

 

前者の場合、自分と相性が良いかどうかをよく確認しておく必要があります。いくら腸まで生きたまま届いても相性がよくない場合には効果を発揮することなく排出されてしまうことがあるからです。

 

後者の場合は自分に効果があるかどうかが重要です。消化が悪い人はカプセルが十分に解けずに乳酸菌が外まで出てこなかったり、逆に消化が良すぎて胃酸で解けてしまうケースもあると言います。

 

腸までしっかり届き、そのうえ効果を発揮してくれる製品を選ぶことが大事なのです。この点は摂取しやすさとも深く関わってきます。

 

ヨーグルトに代表される健康食品、あるいはサプリメントの場合はカプセルや粉末状など。継続して摂取し続けるものですから、無理なく摂取できるものを選ぶのが基本です。

相乗効果の期待できる成分も含まれているか

乳酸菌サプリの選び方

それから自分が求める効果を備えた製品かどうか。

 

乳酸菌の幅広い効果が知られるようになったことで製品ごとに特定の効果を前面に押し出すケースが増えています。

 

便秘解消効果のほか、美肌効果免疫力の向上ダイエット効果など。

 

自分がどんな目的で乳酸菌を摂取するのかをはっきりとしたうえで効果が期待できそうな製品を選んでいくことになります。

 

あとは乳酸菌以外にどんな成分が配合されているのが。

 

これは効果とも関わってきますが、オリゴ糖のように腸内環境の改善に役立つものから美容成分まで、どんな効果が期待できる成分が含まれているのかも確認しておきましょう。

 

ここまでこだわることで乳酸菌の効果を最大限に得ることができるはずです。