お腹が鳴る原因位はこんな胃腸の病気も?

急性胃炎の原因と症状とはどのようなものでしょうか?

急性胃炎とはその名称の通り、急性の形で発症する胃の炎症です。ごく短時間のうちに症状が急激に起こるのが特徴です。とくに多いのがお腹の痛み胃もたれです。

 

ほかには食欲不振吐き気・嘔吐などの症状も見られます。

急性胃炎の原因はストレス

急に胃に炎症が生じたケースの総称として使用されている病名のため、原因は多岐に及びます。

 

大きく分けると日常生活の中で生じるものと、病気の感染によって生じるものがあります。

 

日常生活に潜む原因として多く見られるのがストレス。日常生活で蓄積されていったストレスが胃に負担をかけ、炎症をもたらすのです。

 

それから飲食物。刺激の強い食べ物やアルコールを多く摂取している人に発症するケースが見られます。

 

病気の感染では胃の内部におけるピロリ菌の感染アニサキス症などが原因で炎症が発症することがあります。胃の外傷が原因で発することも。

 

これは外科医手術や特定の薬剤の服用で生じるケースも見られます。

 

冒頭に挙げたように、こうした原因によって炎症が生じると短時間で症状が進行していきます。

 

場合によってはかなり激しいお腹の痛みを感じることもあり、下血吐血なども見られます。

 

この場合、胃炎だけでなく胃の内部で出血やびらん、さらには潰瘍などが生じていることもあり、こうしたケースを「急性胃粘膜病変」と呼んでいます。

症状が重い場合は早めに受診を

急性胃炎の原因と症状

このように、急性胃炎はお腹が鳴る病気というよりは激しい痛みに晒される病気といった方が適切でしょう。

 

痛みでお腹が鳴るのを気にしている余裕がなくなることが多いからです。

 

ただ、慢性胃炎のように痛みが長く続くことはなく、適切な治療を行うことで短期間で回復することができます。

 

なお、軽症の場合は一定期間経過を見ながら自然治癒を目指します。重症の場合は内視鏡を使用した治療が行われたり、胃酸の分泌を抑制する薬剤の使用などが行われます。

 

日ごろからストレスを感じている人、お酒を飲むのが好きな人は注意しておいた方がよいかもしれません。症状が急に悪化する病気だけに、できるだけ早く医療機関で診てもらうことが重要になってきます。

慢性胃炎の原因と症状とはどのようなものでしょうか?

慢性胃炎とは胃に生じた炎症が慢性化してしまった病気です。年齢を重ねるにつれて発症のリスクが高まってくるため、特に中高年には注意したい病気です。もともと慢性胃炎は体の衰えにより胃の粘膜が荒れることで炎症が生じるものとされてきました。

 

しかし現在ではその理由の大半がピロリ菌と呼ばれる胃の内部に存在する細菌の感染によるものであることがわかっています。

慢性胃炎の原因はピロリ菌

このように、慢性胃炎のおもな原因はピロリ菌感染によるものです。

 

そのため、比較的若い年齢でも発症する可能性がある一方、高齢でも発症しないケースも多いのです。

 

この病気が厄介なのは慢性化することで胃の粘膜がどんどん萎縮してしまい、胃酸や粘膜の分泌が少なくなってしまうことです。

 

そのため、1度発症すると完全に治療するのは難しいといわれています。この点は急性胃炎と大きく異なるところです。

 

慢性胃炎の症状は通常、お腹の違和感膨満感食欲不振といった日常生活の中で「なんとなく」感じるものです。

 

お腹が鳴るのもそんな日々の生活で見られる症状の一つです。そのためどうしても医療機関で診察・治療を受けるのが遅れてしまい、炎症が進行してしまいがちなのです。

 

また、現代の医学でも慢性胃炎によってこうした症状がどうして起こるのかよくわかっていない段階のため、判断が難しい面もあります。

 

なお、炎症が悪化した場合にはお腹の激しい痛み吐き気嘔吐といった急性胃炎と似たような症状があらわれることもあります。

対症療法を行いながら生活改善

慢性胃炎の原因と症状

治療が難しいのも慢性胃炎の特徴です。

 

上記のように胃の粘膜が萎縮してしまうため、根本的な治療ができないのです。

 

そのため対症療法で進行を食い止め、症状をやわらげるための治療が行われます。薬物療法による胃酸の抑制や胃の活動の改善を目指す方法などが広く用いられています

 

このように、慢性胃炎は発生を見極めるのが難しいうえ、治療が困難な厄介な病気です。

 

ただ、命に関わったり、深刻な症状に見舞われる可能性は少ない病気のため、それほど神経質に考える必要はないかもしれません。せめて年に1回程度は健康診断で胃の状態を確認しておくようにしましょう。

胃潰瘍の原因と症状とはどのようなものでしょうか?

胃潰瘍といえばストレスで生じるイメージが強い病気です。現代社会はストレス社会とも言われるだけに注意が必要な病気ですが、一方で研究も進んでおり、さまざまな治療方法が行われるようになっています。

胃潰瘍の70%がピロリ菌が原因

胃潰瘍とは胃の粘膜に炎症が生じる病気です。

 

この炎症が進行し、粘膜が深く抉り取られてしまった状態のことをとくに胃潰瘍と呼んでいるいるのです。

 

同じように炎症が潰瘍をもたらす病気には十二指腸潰瘍があります。

 

おもな発生原因はピロリ菌という細菌によるもので、胃潰瘍の実に70パーセントがこの細菌によって引き起こされるとされています。

 

近年この細菌に関する研究が急速に進められており、胃潰瘍をはじめとしたさまざまな胃の病気の原因となることが明らかになっています。

 

なお、ピロリ菌以外の原因としては関節リウマチや風邪の治療によく使用される非ステロイド性消炎鎮痛薬の使用などが挙げられます。基本的にはピロリ菌によって引き起こされる病気といってよいでしょう。

食後に胃にキリキリとした痛みが出る

慢性胃炎の原因と症状

おもな症状はお腹の痛み

 

胃の部分がキリキリと痛むことでよく知られています。とくに食後30分〜1時間くらいの間に痛みがあらわれやすいのが特徴です。

 

注意したいのはお腹の痛みが症状として現れないケースもあること。ただでさえ胃潰瘍は「なんとなく」放置してそのまま慢性化してしまうことも多いだけに気をつけたいところ。

 

お腹の痛み以外の症状では下血吐血といった出血症状、吐き気食欲不振なども挙げられますが、どちらも症状がかなり進行している場合に現れるのが特徴となっています。

 

治療方法は薬物療法安静による経過の観察がおもに行われます。

 

薬物療法では胃酸の分泌を抑制する「プロトンポンブ阻害薬(PPI)」という薬剤が使用されます。

 

ただし、再発しやすいのもこの病気の特徴で、生活習慣の改善なども含めた維持療法も不可欠となっています。

 

治療が遅くなればなるほど慢性化や再発のリスクが強まるため、気になる症状が見られた場合にはできるだけ早く医師の診察を受けることが大事です。

胃がんの原因と症状とはどのようなものでしょうか?

胃がんはがんの中でもとくに患者数が多いもので、死亡率の高い病気としても知られています。とくに60代以降の男性に多く見られます。

 

手術によって切除が可能なため、治療による完治は決して難しくはないのですが、自覚症状に乏しいため気づいたときには治療が間に合わないほど進行してしまっていることが多いのが死亡率を高くしている要因のひとつです。

胃がんは60代以降の男性にかかりやすい

胃がんの原因と症状

胃がんの原因はまだはっきりとはわかっていない状況ですが、研究の進展によってピロリ菌の影響が強いことが明らかになりつつあります。

 

この細菌によって胃の内部で炎症が生じ、そこから胃がんが発生するというのです。

 

なお、このピロリ菌は50代以降の日本人のおよそ80パーセントが保菌していると言われています。

 

ただ、この細菌だけが発症の原因ではなく、食生活も深く関わっているとされています。とくに有名なのが調理の際に生じる焦げ。また塩分の濃い食事も要注意とされています。

 

冒頭に挙げたように自覚症状に乏しいのが胃がんの厄介な点です。

 

代表的なところではお腹の痛み膨満感が挙げられます。

 

またお腹がゴロゴロと大きな音を立て鳴ることもあります。

 

食欲不振に悩まされる段階になって医師のもとを訪れ、調査で発覚するケースが大半を占めます。また、進行すると食欲不振とともに体重の減少や下血、吐血などの症状も見られます。

定期的な検診が大切

胃がんの原因と症状

治療方法はおもに手術。腫瘍が生じた部分を切除することで完治することも可能です。

 

とくに内視鏡粘膜切除術は胃の機能を最大限に温存しながら治療できる方法として広く用いられています。

 

また、腫瘍が大きくなっている場合にはESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)という手術も行われれます。

 

進行度や腫瘍の位置によっては手術ができないケースもあります。その場合には抗がん剤を使用した薬物療法が行われます。

 

どの方法を行うかは医師の判断に任せられるため、充分に検討したうえで患者自身が責任を持った上で判断することが大事です。

 

5年以内の生存率は72パーセント。ここ30〜40年ほどの間に目覚しい向上を見せており、早期発見・治療さえ心がければ決して死に直結する病ではなくなっています。

胃下垂の原因と症状とはどのようなものでしょうか?

胃下垂はその名の通り胃が下に垂れてしまっている状態のことを言います。この胃下垂そのものよりも、この状態によって消化不良や胃の病気のリスクが高まる点に注意が必要です。

胃炎や胃潰瘍の原因となることも

胃下垂の原因と症状

胃は本来みぞおち周辺に位置しており、摂取した食べ物を消化する働きを担っています。

 

しかしこの胃が下に垂れ下がり、おヘソや下腹部近くに位置してしまう場合もあります。

 

これは胃全体が下に垂れているのではなく、胃の下部が伸びている形となります。

 

この状態が続くと食べ物を消化する機能が低下してしまい、消化不良など胃の不調が起こるようになります。

 

場合によっては胃炎胃潰瘍といった胃の病気の原因となってしまうだけに注意が必要です。

 

ではどうして胃下垂が発生するのでしょうか。原因に関してはおもに精神面によるものと、体の機能面によるものに分けられます。

 

精神面はストレス疲労などによる自律神経の乱れがおきな原因で、それによって消化機能が低下し、胃の中に消化し切れなかった食べ物が残ってしまうことで胃を下へと伸ばしてしまうのです。

ストレスや体の歪みが原因

胃下垂の原因と症状

体の機能面では体の歪みが大きな要因とされています。

 

長時間のデスクワークなどで姿勢が悪い上体を続けていると骨盤が歪み、胃を正しい位置に保つことができずに下に垂れてしまうのです。

 

また、腹筋が弱い人、身長が高い人に発症しやすいので当てはまる人は注意しましょう。

 

では胃下垂になることでどのような症状や問題が起こるのでしょうか。まず注意したいのが先に挙げた胃炎胃潰瘍

 

これは消化機能が悪化し、食べ物が胃に残り続けたことでそれを処分するために胃酸が増加することで生じます。

 

こうした深刻な症状にまで進展しない場合には胃もたれを起こしやすくなったり、食欲不振などがよく見られます。

 

実際それほど深刻な症状に進行することは少なく、そのため自分が胃下垂だと気づかずに生活を送っている人が非常に多いのです。

 

医療機関で特別に行う治療はとくになく、原因となるストレスの解消や体の歪みの矯正、腹筋の強化などが一般的な方法となります。心身ともに健康的な生活を送ることが胃下垂の基本的な対策となるでしょう。

逆流性食道炎の原因と症状とはどのようなものでしょうか?

逆流性食道炎とは胃の内容物が食道まで逆流してしまった病気のことです。この病気が問題になるのは内容物が逆流するとともに胃酸や十二指腸液が食道にまで達し、食道の粘液がその刺激に晒されてしまうことです。その結果粘膜に炎症が発症してしまうのです。

 

もともと体には胃の内容物が逆流しないような仕組みが設けられているのですが、それがうまく機能しなくなることでこの病気が見られるようになります。

逆流性食道炎は胸焼けが続く

逆流性食道炎の原因と症状

ではどうして胃の内容物が食道まで逆流するのでしょうか。

 

もっとも多い原因として指摘されているのが括約筋と呼ばれる食道下部にある筋肉が弛緩してしまうことです。

 

この筋肉は嚥下の際に摂取したものを通す時に弛緩する仕組みになっているのですが、何らかの理由で何もしていない時にも弛緩してしまい、内容物が逆流してしまうのです。

 

そのほかの理由としては食道粘膜の組織抵抗性胃の排出能、食道の排出能などの関与が挙げられます。

 

この逆流性食道炎の典型的な症状となるのが胸やけ。食事のたびに胸がムカムカしてしまうのです。

 

また、あまり食べていないにも関わらずお腹いっぱいに感じたりお腹が張ってしまう吐き気がするといった症状もこの病気によく見られる症状です。

 

ただし、注意が必要なのは必ずしも胃や食道に直接症状が現れるとは限らない点。

お腹が張る、膨満感などの症状も

逆流性食道炎の原因と症状

例えば喘息など呼吸器系の問題や、喉の違和感胸の痛みなどが生じることもあります。

 

こうした症状ではいかに自覚症状として察知できるかがポイントとなります。

 

治療は内服薬を使用した方法と、外科手術を用いた方法に分けることができます。

 

一般的には内服薬が使用され、H2受容体拮抗薬など胃液の分泌を抑制することで炎症を和らげて行きます。

 

こうした薬剤で充分な効果が得られない場合には腹腔鏡下手術などが選択されます。なお、重度の症状の際には食道狭窄や食道裂孔ヘルニアなどの症状が見られるケースが多いようです。

 

なんとなく調子が悪い状態のままこの病気に気づかずに放置してしまうケースも少なくありません。食事の際に不快感を感じる場合には疑ってかかった方が良いかもしれません。

大腸ポリープの原因と症状とはどのようなものでしょうか?

大腸ポリープとはその名の通り大腸にポリープが生じた状態のことです。問題なのはそのポリープが腫瘍性非腫瘍性か。

 

また、腫瘍性でも良性のものか悪性、つまりガンかどうかが重要なポイントとなってきます。

初期段階では自覚症状がない

ではそもそもどうして大腸にポリープが生じるのでしょうか。

 

原因はおもに食事遺伝的要素だといわれています。

 

食事の場合は高脂肪や低繊維の食生活を送ることで腸内に発ガン物質が発生してしまうのです。

 

また、腫瘍とは関係がない非腫瘍性の場合は腸炎が発症した後に生じる炎症性ポリープや高齢者に多く見られる過形成性ポリープ、小児に多く見られる若年性ポリープなどの種類があります。

 

大腸ポリープは初期段階では自覚症状がほとんどないのが特徴です。そのため気づかないまま進行してしまうことも多いのです。

 

ポリープが大きくなっていくと少しずつ症状があらわれるようになり、お腹が張ったりゴロゴロと鳴ったり痛みが伴うようになります。

 

さらにポリープのため大腸の通り道が狭くなって便が細くなります。こうした症状からさらに進行していくと血便が生じます。

 

この段階で異常を察知して医療機関に検査を受けにいくケースが多いようです。症状に関してはポリープができる位置や大きさによって異なってきます。

ポリープによって治療法も変わる

大腸ポリープの原因と症状

治療方法は大腸ポリープの種類によって違いがあります。

 

腫瘍性は進行するとガン化する恐れがあるため、内視鏡手術による切除が行われます。

 

手術方法もポリープの形状やタイプに合わせて最適なものが選択されます。はんいがひろいばあいには分割切除を行うこともあります。

 

一方、非腫瘍性ポリープはガン化する恐れがないため、出血などの問題が生じていないかぎりは切除などの治療を行う必要はありません。

 

腫瘍性にしろ、非腫瘍性にしろまずは検査を受けて症状を正確に確認しておくことが大事です。

 

自覚症状に乏しいため難しい面がありますが、意味もなくお腹がゴロゴロとなることが多い場合には注意したほうがよいかもしれません。

過敏性腸症候群の原因と症状とはどのようなものでしょうか?

現代社会で増えているといわれる胃腸の病気が過敏性腸症候群です。これは便秘と下痢を繰り返す症状が慢性化してしまう病気のことです。命に関わるわけではありませんが、日常生活に支障をきたすほか、外出や外での仕事ができないなど大きな悩みを抱えるなど厄介な病気です。

日本人の10〜15%程度が発症

特別な病気のように思えますが、症状の軽重を問わなければ日本人の10〜15パーセントほどにこの病気が見られており、多くの人が悩みを抱えていることが窺えます。
先進国に発症例が多いこと、20代〜40代に発症しやすいことからストレスや食生活との関連が指摘されています。

 

この過敏性腸症候群が厄介なのは原因がまだよくわかっていないこと。腸の検査を行っても異常が見られないことが多いのです。

 

先に挙げたストレスも直接の原因なのか、それとも症状を悪化させる要因なのか詳しくはわかっていません。

 

現在のところ、ストレスをはじめとした心理的な異常消化管知覚過敏消化管運動異常の3種類に分類されています。

便秘型・下痢型・交代型の3種類

症状は3種類に分けられます。

・下痢型
・便秘型
・交代型

下痢型は下痢が突然襲ってくる点が特徴です。また、交代型は便秘と下痢が交互に襲ってくるもので、しばらく便秘で苦しんでいたかと思うと急に便意が襲ってきてしばらくの間下痢に悩まされることになります。

 

これらの症状はどれも外出が困難になるため、通勤・通学の妨げになるほか、集中力の低下や不安感から学業・仕事に支障をきたすケースもあります。

過敏性腸症候群の原因と症状

 

またお腹がなりやすいため、それを恐れて神経質になってしまうケースもよく見られます。

 

こうした心理的な負担がストレスとなりますます症状を悪化させてしまうのです。

 

原因もわからず、検査でも腸の異常を発見できないため、治療も難しく長期化を覚悟しなければなりません。

 

食生活の改善のほか、漢方薬消化管運動調整薬といった薬物療法、抗うつ薬、抗不安薬などを使用することもあります。

 

そのほか認知行動療法などもあります。根本的な治療が難しいため、過剰なストレスや不安を抱えないための精神的なケアも重要となる病気です。

大腸がんの原因と症状とはどのようなものでしょうか?

がんのリスクと早期発見・治療の重要性が社会全体で指摘されていますが、現代社会でとくに発症例が増えているといわれるのが大腸がんです。大腸は長さ1.8メートル。摂取した食べ物を消化・処理する重要な役割を担っている器官ですが、この部分に悪性の腫瘍が発生したものを大腸がんと言います。

 

年間の発症件数は約6万人ともいわれ、胃がんにも匹敵するリスクの高いガンとなっています。

原因には食生活の欧米化や遺伝も

にも関わらず、大腸がんの発生原因はまだはっきりとはわかっていない状況です。

 

現代社会における患者数の増加は食の欧米化と密接な関係があるのではないかという意見が強く、脂肪分やタンパク質が多く、繊維質が不足した食生活が悪性腫瘍の発生を促すとされています。

 

なお、発症例に男女差はなく、60代にもっとも多く、ついで70代、50代と中高年に多く見られるのが特徴です。

 

ただし、遺伝的な要素も少なからず原因に潜んでいるとされており、血縁に大腸がんの罹患者がいる場合には20代で発症する可能性もあります。

 

この病気が厄介なのは初期段階では自覚症状がほとんどないこと。

 

実際病気が発覚するのは健康診断や人間ドッグなど専門的な検査を受けたときに集中しています。そのため気がついた時にはかなり進行してしまっていることも多いのです。

定期的な検診が大切

大腸がんの原因と症状

なお、症状は悪性腫瘍が発生した場所によっても若干異なり、左側大腸がんの場合は血便や便秘・下痢など比較的症状があらわれやすいのに対し、右側大腸がんの場合は軽い腹痛や違和感を感じる程度でなかなか気づきにくいので特に注意したいところです。

 

問題なのは大腸がんは症状が進行すればするほど治療が難しくなること。

 

初期段階で適切な治療を行えばほぼ確実に完治することができますが、自覚症状が乏しいためその段階で察知することができないことが多いのです。

 

一般的な治療方法は手術による切除。かなり進行してしまった場合には切除する部分も多くなるため、人工肛門がとりつけられることもあります。切除が難しい場合には放射線治療や抗がん剤なども使用されます。

 

早期なら5年生存率は80パーセントとそれほど危険な病気ではありませんが、症状が進行してしまうと治療が長引いたり、日常生活に支障をきたしてしまいます。それだけに早い段階で察知することが大事になります。

潰瘍性大腸炎の原因と症状とはどのようなものでしょうか?

潰瘍性大腸炎とは大腸の粘膜に炎症が発症した病気のことです。潰瘍性という名称が使われているように、炎症が粘膜を傷つけることでびらんや潰瘍をもたらしてしまっている状態です。発祥の原因にはさまざまな要素が指摘されており、それが複合的に絡み合って発症するケースが多いことから治療が難しい病気ともされています。

下痢・便秘、血便、粘血便などの症状

潰瘍性大腸炎の原因と症状

潰瘍性大腸炎の直接の原因は免疫機能の異常によるものとされています。

 

異常反応によって大腸の粘膜を攻撃してしまう抗体が発生してしまうのです。

 

ただ、なぜそんな異常が生じるのかはまだはっきりとわかっていない面があります。有力な説としてはストレスや食生活の乱れ、遺伝的な要素などがあります。

 

この病気は20代〜30代に多く発症する特徴をもっており、これもストレスなど生活習慣との関わりによるものとされます。

 

また、もともと日本人には少ない病気でしたが、近年になって発症例が増えていることから、食生活との関連も指摘されています。

 

症状が重いのもこの病気の特徴です。大腸の粘膜が傷つけられるため、下痢・便秘、血便、粘血便といった便に関わる症状が見られるのが特徴です。

完治が難しく再発のリスクも

潰瘍性大腸炎の原因と症状

さらに進行すると急激な体重の減少や貧血、発熱といった症状があらわれます。

 

比較的自覚症状で気づきやすい病気でもあるため、深刻な症状に発展する前に適切な治療を受けることが求められます。

 

治療方法は薬物療法がメインですが、症状によって異なります。

 

初期段階、軽症の場合はステロイド薬5-アミノサリチル酸製剤などの薬物が使用されますが、炎症が発症している位置によっては腸から直接薬剤を注入する場合もあります。

 

こうした方法では充分な効果が見込めない重症患者に対しては点滴による薬剤の投与や白血球除去療法などが行われます。なおこの場合には入院が必要です。

 

再発のリスクもあるため、大腸に生じる病気のなかでもとくに注意したい病気といえるでしょう。そのため自己判断で治療をやめたりせず、症状が治まった後も医師の指示に従って治療を続けることが絶対条件となります。